ちゃんと家計簿つけるなり

ちゃんと家計簿つけるなり

家計簿をつけることって自分が思っているよりも効果があるんです。
60%くらいの人が家計簿をつけているという調査結果があり、つけている場合がつけていない家庭より貯蓄額が平均して71万円高いという調査結果もあります。
独身の男性でも3割が家計簿をつけているようです。
興味深いデータですね。

 

家計簿のつけ方ですが、市販の家計簿を手書きでつけたり、レシートを貼るだけのものから、エクセルですべてを管理しているという人まで。
内容よりも、長く続けられるかどうかということが大切です。
ですから、最初から自分の力量以上の内容を自分に与えてしまうと途中挫折する可能性が高くなるでしょう。
無理なく続けられるように、習慣になるようにしたいですね。

 

私の場合ですが、とある雑誌の付録についている家計簿を毎年使っています。
すでに10年以上つけていますが、毎年同じスタイルでつけることが可能ですし、細かく書かなくていい家計簿なので気に入っています。
例えば、食費も○○スーパーというような書き方で大丈夫です。
これが本格的な家計簿になると、スーパーで買った野菜ひとつひとつからお肉ひとつひとつまでの値段を書かなければなりません。
私には無理です(笑)
ということで、私も無理なく続けられる家計簿にしているので長く続いているのです。